お金を借りる前に返済計画をしっかり立てよう!

消費者金融の返済方式

 

消費者金融の返済方式は消費者金融の会社によって違っています。返済方式で毎月いくらくらい返済していくのか、返済の期限なども違ってきます。自分の生活に合わせた返済方式を選んでいくといいのではないでしょうか。まず一つ目の消費者金融の返済方式として元金均等方式というものがありますが、こちらは借入額を支払回数で割っている金額と、借入残高にかかってくる利息を足したものを支払うという方法です。元金充当額は毎月変化しませんが利息の変動がありますから毎月支払うお金の金額は違っています。
そして消費者金融の返済方式の元利均等法式は、毎月の返済金額を固定して返していくという方法で、借入残高に対して利息の動きに合わせて返済する元金の充当額は変わっていくというものです。
そして消費者金融の返済方式の中には元金定額リボルビング方式というものがあります。こちらは、毎月円際する額の元金充当金額が決められて借入残高にかかる利息の合計を返済していくというものです。そして消費者金融の返済方式の中には残高スライドリボルビング方式というものもありますが、こちらは、借り入れしている残高によって返済額と元金の利息の割合が変わるという返済方式です。この消費者金融の返済方式の残高スライドリボルビング方式には三つ種類があります。
残高スライド元利定額リボルビング方式というものもありますし、残高スライド元金定額リボルビング方式、残高スライド元利定率リボルビング方式の三つがあります。

 

消費者金融を金利で選ぶ

 

消費者金融を今金利で選ぶという人も多いと思います。金利で選んだ場合に今一番選ばれている消費者金融はどこがあるのでしょうか。金利の低さで言えば消費者金融のモビットがいまとても人気があります。モビットは実質年率が15パーセントから18パーセントと、消費者金融の中では低い金利での貸し付けを行っています。その次に消費者金融を金利で選んだ際に選ばれているところとしては同じくモビットと同じ金利のアットローンやDCキャッシュワンなども選ばれています。この三つはいずれも、金利が15パーセントから18パーセントとなっていて、限度額も300万円です。なぜこんなにこの三つの消費者金融は金利が低いので消火。
この三つに共通していることというのは、三つ共、銀行系の消費者金融だからです。モビットも銀行系ですし、アットローンは三井住友銀行の消費者金融で、DCキャッシュワンは三菱東京UFJ銀行系の消費者金融です。やはり銀行系の消費者金融というのは、金利が他の消費者金融に比べると低めに設定されていることがわかります。
銀行系以外の消費者金融の金利を見てみるとアイフルが12.775パーセントからですが、上限が28.835になっていますからグレーゾーン金利です。同じくディック、アイク、アコムなども同じような金利になっています。
消費者金融を選ぶ際には、金利を見て選ぶという方法がありますが、銀行系の消費者金融は金利が低いですが、審査が厳しいのが特徴です。

消費者金融利用方法

 

消費者金融の利用方法を紹介します。消費者金融の利用方法は今申込方法もいろいろで、インターネットからの利用なら申込のために店頭へ出向く必要もありませんし、ATMからお金を出さなくてもいいので、時間がない人や忙しい人でも手軽に利用できます。
まず消費者金融の利用方法の一つ目としては申し込みから始まります。自分が借り入れをしたいと思っている消費者金融のサイトへアクセスします。そして消費者金融の会社によってはすぐにメールや電話で確認が行われます。その後審査になるのですが信用情報機関に問い合わせるなどして消費者金融会社独自の審査を受けます。早いところでは30分、遅いところで2−3日で審査の結果が出ます。
その後、消費者金融の審査に通れば、現金がすぐに必要な場合には、即日振込みをしてもらうことが出来ますし、すぐにお金は必要がないという人の場合には後日カードが送られてきますから、あとはカードで好きな時にキャッシングをする流れになります。
そして確認書類などが送られてきて身分証明書のコピーなどを同封して返送したのちに、キャッシングのカードが消費者金融の会社から送られてくるという流れです。消費者金融への借入の返済方法としては、消費者金融によって違っているのですが、代替がATMやCDからの振込などが多くなっています。
今ご紹介したのが消費者金融の利用方法です。一度カードを作っておけば利用限度額内なら手軽に利用できますから便利です。