ニキビはどうしてできるの?。原因は?

にきびの原因は?

ニキビとは。

人はだれでも経験したことがあると思います。
たかがニキビといっても、目立つところにできてしまうと気になってしまうものです。

医学的な正式名称は尋常性ざ瘡といい、皮膚病疾患です。
また「吹き出物」もニキビと同様に、「尋常性ざ瘡」と呼ばれます。

ニキビの原因


尋常性ざ瘡は内分泌因子角化因子外的因子(細菌因子)が複雑に関与して発生すると言われています。

内分泌因子

いわゆるホルモンバランスの乱れ。
思春期以降の成長期より、男性ホルモン(アンドロゲン)が増加し、皮脂過剰を招くことにより
ニキビの原因になります。


角化分子


「毛穴のつまり」のことを言います。
毛穴が角質によってふさがれると、皮脂が皮膚の内部に貯留されることになり、
ニキビの原因になる。

外的因子


アクネ菌マラセチア菌が皮脂の過剰分泌により増殖し、炎症を誘発し炎症反応が激しくなる。
食事や化粧品、年齢、ストレスなどの外的因子が複雑に関与。


顔ニキビはアクネ菌が原因。
身体ニキビはマラセチア菌による、マラセチア菌は真菌というカビの一種が原因なことも。

アクネ菌

主に顔ニキビの原因。
もともと、人の体に済みついている常用菌で人の健康を保つために密接に関わっていて、
なにも特別な最近ではないのです。
普段は肌のバリア効果をまもってくれる働きもしています。
まったく普段は悪さをしない常用菌なのです。
肌に悪い菌がついたりするの防いだり、乾燥からお肌を守ってくれたり。
アクネ菌自体はまったく悪者ではなく、常用菌としてバランスが崩れてしまうと、
ニキビの原因となり、悪役になっていまうのです。


では、アクネ菌が悪事を働く(にきびを作る)のはどういう状況なのでしょうか?

アクネ菌は、皮膚から分泌される皮脂を餌とします。
そして、空気の入らないところ、酸素の少ないところが大好きです。

この二つの環境がそろってしまうと、アクネ菌は悪玉菌となり悪事は働き、
増殖し、ニキビの原因になります。



マラセチア菌

身体にできるニキビはマラセチア菌によるものも多くマラセチア毛包炎と呼ばれ、
顔にできるニキビ(尋常性ざ瘡)と区別されています。
アクネ菌同様に常用菌で、胸や背中、二の腕や肩の顔ではなく体にでき、
皮脂を好み高温多湿な場所が大好きです。
このマラセチア菌が炎症を起こすと、ニキビになるのです。





常用菌とは。

常用菌には、善玉菌と悪玉菌がありバランスを保っています。
よく腸内細菌のことで耳にした方も多いと思います。

善玉菌が優位を保っていれば、人を脅かす病原菌から守ってくれるし、
悪玉菌が優位になってしまうと、人の体に悪影響を脅かします。

ニキビの段階

ニキビにも段階があります。
どんな段階で進行していくのでしょうか?

ニキビの段階




ニキビ初期
   白ニキビ 皮脂がたまり毛穴が詰まり、皮膚が盛り上がっている状態



ニキビ中期
   赤ニキビ 白ニキビが悪化し、赤くなり炎症を起こした状態
          黒ニキビ 毛穴が開き白ニキビの皮脂が酸化してくろずんだ状態
         




ニキビ末期
    膿ニキビ 赤ニキビがさらに悪化し、炎症がひどくなり毛穴から黄色い膿が見える状態


このような段階を遂げていきます。

ニキビは頬っておくと、症状が進行してニキビ跡になったり治るのに時間がかかることもあります。
できたらすぐにケアするのが一番です。

年齢によっても、「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」に分かれます。

クリスタルモーションは、なるべく初期ニキビのうちに使用していただくのがよいかと思いますが、
進行したニキビにも作用しないということはなく、
中期や後期のニキビにも使用をしたほうがよういと思います。
ただニキビ後期の場合は、さすがに皮膚科に行かれることをおススメします。
今後の予防と状態が進行しないようにお使いいただくのが、重要だと思います。

クリスタルモーションの公式サイトはこちら!







トップページに戻る

 

サイトマップ